江戸時代の名人について

家元の大橋家は不動産業で生計を立てていたらしい。家禄では厳しい生計なので金を借りて長屋を立てて家賃収入で暮らしていたという。
家賃収入でその時の借入金も返済できている。

宗英は1809年の御城将棋の日に亡くなっている。
登城したが急病で帰宅してその日のうちになくなっている。
なんとも名人らしい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA