第23期竜王戦七番勝負第6局。羽生善治vs渡辺明

開始日時:2010/12/14 9:00
棋戦:竜王戦
戦型:角換わり
持ち時間:各8時間
消費時間:146▲479△471
場所:岐阜県高山市「ホテルアソシア高山リゾート」
先手:羽生善治
後手:渡辺明
*棋戦詳細:第23期竜王戦七番勝負第6局
* 「羽生善治名人 」vs「渡辺 明竜王 」
*
*渡辺3勝2敗で迎えた本局。
▲7六歩    △8四歩    ▲7八金    △3二金    ▲2六歩    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △4二銀
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲4六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △3三銀    ▲5八金    △5四銀
▲3六歩    △4二玉    ▲7九玉    △6五歩    ▲5六銀    △5二金
▲1六歩    △1四歩    ▲3七桂    △3一玉    ▲4七金    △4四歩
▲2五歩    △4三金右  ▲8八玉    △2二玉    ▲4八金    △4二金引
▲2九飛    △4三金直
*手待ち。
*後手はひたすら受ける将棋。
*△7四歩は隙ができるので突かない。
▲1八香    △9二香    ▲2八飛    △4二金引  ▲2六飛
*定跡のパス。
*後手に1手指させる。
*後手はこれ以上良くならない。
*先手は△4三金とさせたい。
△5二金
*渡辺の研究手。
*後手は▲4五歩に△4三金としたい。
▲2九飛    △4三金右  ▲2八飛    △4二金引  ▲2七飛
*この位置がポイント。△5九角の反撃筋を封じる。
△5二金
*これなら相手の手によって△4二金か△4三金かを選べる。
▲4五歩    △4三金右  ▲4四歩    △同 金    ▲2九飛    △4三金引
▲4六角    △9三香    ▲4五歩
*ここが封じ手の局面。
△4二金引
*▲5五銀から攻めてくる筋があるので、この方が受けやすいと判断。
▲4七銀    △9二飛    ▲3五歩    △同 歩    ▲同 角    △6四角
▲5六歩
*角の逃げ道を作る。
△9五歩
*手持ちに2歩あるので端から仕掛ける。
▲同 歩    △9六歩    ▲5七角    △9五香    ▲9八歩
*後手作戦勝ち。
△3四歩
*地味だが大切な手。
▲3六銀    △7四歩    ▲1五歩    △同 歩    ▲2四歩    △同 銀
*△同歩だと▲2五歩の継ぎ歩で困る。
▲2五銀    △4六歩
*角の利きを止める。
▲2四銀    △同 歩    ▲8三銀    △5二飛    ▲7四銀成  △9一角
*飛車や角は遠くに逃げる。
▲2四飛    △2三金
*△2三歩と受けると横歩を取られてすっきりしない。
▲2六飛    △2五歩    ▲同 桂    △2四歩    ▲1二歩    △同 玉
*△同香だと▲1三歩で先手の桂馬が助かってしまう。
▲8四角    △4七歩成  ▲同 金    △1四金    ▲9五角    △2五歩
▲3六飛    △2三玉
*玉は上に行ったほうが良い。
▲5五歩    △4五銀    ▲3九飛    △4六歩    ▲3六金    △同 銀
▲同 飛    △4七歩成  ▲6三成銀  △9二飛    ▲5一角成  △6九銀
*端が詰まっているので厳しい手。
▲4五銀    △2二桂
*相手が持ち駒を使って攻めてきたので、こちらも持ち駒を使って受ける。
▲4三歩    △3三金    ▲3五歩    △同 歩    ▲3九飛    △7八銀成
▲同 玉    △5五角
*待望の角出。
*後手優勢。
▲3四歩    △同 桂    ▲4二歩成  △5七と    ▲6九香    △6六歩
*厳しい攻め。
▲同 歩    △6八歩    ▲同 香    △6七歩    ▲4四銀打  △6六角
*決め手。
▲3三銀成  △同 玉
*地味な受けの新手で竜王防衛。
まで146手で後手の勝ち

第22期竜王戦第4局。渡辺明vs森内俊之

開始日時:2009/11/25 9:00
棋戦:竜王戦
戦型:角換わり
持ち時間:8時間
場所:岐阜県下呂市「水明館」
先手:渡辺明
後手:森内俊之
*棋戦詳細:第22期竜王戦第4局
* 「渡辺 明竜王 」vs「森内俊之九段 」
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △3二金    ▲7八金    △8八角成
*一手損角換わり。
▲同 銀    △4二銀    ▲3八銀    △6二銀    ▲4六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △4一玉    ▲1六歩    △1四歩
▲7七銀    △5二金    ▲5八金    △9四歩    ▲9六歩    △7四歩
▲3六歩    △5四銀    ▲5六銀    △3一玉    ▲7九玉    △8四歩
▲3七桂    △7三桂    ▲4七金
*よくある定跡手。
*玉を堅くはできないが隙が出来るので仕方がない。
△4四歩    ▲2五歩    △3三銀    ▲4五歩    △同 歩    ▲同 桂
△4四銀    ▲4六歩    △9五歩
*2筋の歩交換をされる前に仕掛ける。
▲同 歩    △7五歩    ▲同 歩    △8五桂    ▲8六銀    △2二角
*△4五銀▲同桂から△9九角成を狙う。
▲9六香
*▲6六歩などと軽く受けると危険。
*△4五銀▲同桂から歩を取られてしまう。
*
*この戦形は1歩が大きい。攻め筋が増える。
△5五銀左  ▲7四歩
*と金つくりを狙う。
*自然な手に悪手はない。
△7七歩    ▲同 桂    △5六銀    ▲同 金
*金を活用する。
△7七桂成  ▲同 銀    △8五桂    ▲7三歩成  △8一飛
*辛いが仕方がない。
*△7七桂成と攻め合うのは▲7一飛という手があるので出来ない。
*
*ほぼ無条件で、と金が出来て先手優勢。
▲6六歩    △3七銀    ▲1八飛    △4五銀    ▲同 歩    △7七桂成
▲同 金    △8五桂    ▲6七金
*攻めの拠点を残さないように逃げる。
*△7五桂があれば厳しいが桂馬が後手にはない。
*桂馬が後手に入る展開にはならないと読みきる。
△4七銀    ▲7四角    △4二金右  ▲7二と    △5六銀成  ▲同 金
*▲同歩だと△1三角が攻防の一石二鳥の手なので嫌だったという。
△4一飛    ▲5二銀    △同 金    ▲同角成    △4二金打  ▲4一馬
△同 金    ▲7一飛    △7七桂成  ▲5二金    △3三角    ▲4一飛成
△2二玉    ▲3二龍    △同 玉    ▲2四桂
*寄せの手筋。
△同 歩    ▲4一銀
まで93手で先手の勝ち

第21期竜王戦七番勝負第7局。羽生善治名人vs渡辺明竜王

開始日時:2008/12/17 9:00
棋戦:竜王戦
戦型:矢倉
持ち時間:各8時間
消費時間:140▲479△479
場所:山形県天童市「ほほえみの宿 滝の湯」
先手:羽生善治
後手:渡辺明
*棋戦詳細:第21期竜王戦七番勝負第7局
* 「羽生善治名人 」vs「渡辺明竜王 」
*
*3連敗から3連勝した渡辺。
▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲6六歩
*この当時は角換わりや横歩取りよりも矢倉が多かった。
△6二銀    ▲5六歩    △5四歩    ▲4八銀    △4二銀    ▲5八金右
△3二金    ▲7八金    △4一玉    ▲6九玉    △7四歩    ▲6七金右
△5三銀右
*急戦矢倉。この前の第6局で新手を出した。
▲2六歩    △8五歩    ▲7七銀    △5五歩    ▲同 歩    △同 角
*これも定跡。
*第6局では▲7九角から角転換だったが渡辺に新手があってうまく行った。
▲2五歩    △3三銀
*今まではバランスが悪いという抽象的な感覚でない手とされていたが具体的に悪くなる手がないので指してみたという。
▲6五歩    △7三角    ▲6六銀    △8四角    ▲7九角
*▲6六銀から矢倉を崩してしまっているので先手はあんまりのんびりは出来ない。
△3一玉    ▲4六角    △9二飛    ▲7五歩
*かなり大胆な手。
△同 歩    ▲8六歩    △同 歩    ▲8二歩    △7三桂    ▲8一歩成
△5二飛    ▲9一と    △5四銀    ▲6四歩    △6二金
*ギリギリでがんばる手。
*少しがんばりすぎか。
▲5九香    △5五歩    ▲2四歩    △同 歩    ▲9二と    △6五銀
▲5五銀    △7六銀
*と金を活用されたたら負けなのでどんどん行くしかない。
▲6三歩成
*これが厳しい。
△同 金    ▲6四銀    △6二飛    ▲5二香成  △同 飛    ▲6三銀不成
*金の丸得というかなり優勢。
△5一飛    ▲2三歩    △4二金
*どうやってもかなり苦しい。
▲6二金    △6五香    ▲6六歩    △5三飛    ▲6五歩    △6七銀成
▲同 金    △5八金    ▲7八玉    △6五桂    ▲6六金
*桂取りというよりは玉の逃げ道を広げる。
△4八金    ▲5四香
*歩ではなく香車なので味が悪い。
△6二角    ▲5三香成  △同 角
*歩ではなく香車と飛車の交換で角が働いてきた。
*後手盛り返し気味か。
▲6一飛    △4一香    ▲5四銀成  △3五角    ▲6五飛成  △4六角
▲同 歩    △8七角    ▲6七玉    △6五角成  ▲同 金    △6九飛
▲5六玉
*歩がないので▲6八歩と合い駒できない。
△6四歩
*△7六銀なら後手優勢だったか。
▲6六角
*絶好の攻防の手。
△5九飛成  ▲5七桂    △5五歩    ▲同 玉    △6五歩    ▲同 玉
△7三金    ▲2二角    △3二玉    ▲1一角成  △5五歩
*決め手。
*持ち駒を温存して凌く手。
▲2四飛    △6四歩
*このあたりお互い1分将棋。
▲5五玉    △4四銀打  ▲同成銀    △同 銀    ▲同 馬    △6五金
*後手優勢だが完全に勝ちきるまでには簡単ではない。
▲5四玉    △6三銀    ▲4五玉    △4四歩
*王手で馬を消すことが出来た。
▲同 角    △3三桂
*味がよいようだが△4三玉の方がハッキリ勝ちだった。
▲3六玉    △4七角    ▲2六玉    △2九龍    ▲2七香    △1四歩
*勝ちを決める手。
▲6五桂    △2五歩    ▲1六玉    △2七龍
*この手が成立する。
▲同 玉    △2六香    ▲同 角    △同 歩    ▲同 玉    △3五角
▲2七玉    △3八角成  ▲1八玉    △2四角
*3連敗から4連勝で防衛して渡辺永世竜王となる。
*
*第4局は打ち歩詰めの局面があり。
*このシリーズは印象的だったと言える。
まで140手で後手の勝ち