実戦。矢倉5

表題:十段戦予選
先手:谷川 浩司
後手:中原 誠

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲7七銀    △6二銀
▲2六歩    △4二銀    ▲4八銀    △3二金    ▲7八金    △5四歩
▲5六歩    △4一玉    ▲6九玉    △5二金    ▲5八金    △3三銀
▲3六歩    △4四歩    ▲7九角    △3一角    ▲6六歩    △7四歩
▲1六歩    △9四歩    ▲9六歩    △8五歩    ▲1五歩    △7三銀
▲3七桂    △4三金右  ▲6七金右  △4二角    ▲4六角    △3一玉
▲7九玉    △2二玉    ▲2九飛    △9三香    ▲5九飛
*中原名人の経験のある形に踏み込むかどうかで長考する。

△9二飛    ▲2五桂    △2四銀    ▲5五歩    △同 歩    ▲同 飛
△8四銀    ▲5九飛
*当然のような手で長考している。
*「谷川浩司の将棋」という感じがしなかった、という。

△5四歩    ▲5六金
*つらい手。
*守り駒なので▲5七銀-▲5六銀-▲6五銀と使いたいが、△9五歩との兼ね合いで、ゆっくりしていられない。

△9五歩    ▲6五金    △9六歩    ▲9八歩    △7三銀    ▲5四金
△同 金    ▲同 飛    △6四銀    ▲1四歩
*中原名人の▲5三歩より優るかどうかは別にして、(中原名人の指した手から)変化する事ができた。

△同 歩    ▲1三歩    △同 香    ▲4四飛    △2五銀
*大長考。

▲同 歩    △4三金打  ▲4五飛    △7五歩    ▲1三角成
*中原名人はこの手を見逃していたようだ。

△同 桂    ▲4四香    △同 金
*これが最善。

▲同 飛    △4三歩    ▲3四飛    △3三歩    ▲1四飛    △1二歩
▲4一銀    △7六歩    ▲2四歩    △3四歩    ▲2三歩成  △同 玉
▲2四金    △2二玉    ▲5二金    △同 飛    ▲2三歩    △同 金
▲同 金    △同 玉    ▲2四歩    △同 角    ▲同 飛    △同 玉
▲1五角    △2三玉    ▲2四金    △2二玉    ▲5二銀成  △2九飛
▲5九飛    △同飛成    ▲同 銀    △2八飛    ▲2三歩    △1一玉
▲3一飛    △2一桂    ▲2二歩成  △同 玉    ▲3三金    △1一玉
▲2一飛成  △同 玉    ▲2二歩    △1一玉    ▲2三桂    △同飛成
▲同 金    △6九金    ▲同 玉    △5七桂    ▲6八玉    △7七歩成
▲同 桂    △6九飛    ▲5七玉    △5四香    ▲5六歩    △同 香
▲同 玉    △6七銀    ▲同 金    △5五金    ▲5七玉    △3九角
▲5八玉    △6七飛成  ▲同 玉    △6六金    ▲7八玉    △7七金
▲同 玉    △6五桂    ▲7八玉

最後は詰むやつまざるや。
トッププロなら詰まないことくらい読んでいる。