升田式石田流。実戦。浮き飛車型。第2番

スポンサーリンク




表題:名人戦
先手:升田 幸三
後手:大山 康晴


▲7六飛    △4二銀
*角交換で手得を狙う。

▲7八金
*骨子の一手。

△1四歩
*疑問手。

▲2二角成  △同 玉    ▲7七桂
*後手困る。
*▲9六角と▲5五角が一辺に受からない。

△3二金    ▲5五角    △4四歩    ▲6四角    △6三銀    ▲5五角
△8四飛    ▲6六角    △5四角    ▲7四歩    △8三飛    ▲9六飛
△7四歩    ▲4四角
*いよいよ好調。

△3三桂    ▲5五角    △6四歩    ▲6六歩    △7五歩
*積極的。
*攻めに通じる受け。

▲6五歩    △8四飛    ▲6八銀    △7三桂    ▲6七銀
*戦いながら駒組みを進める。

△6二金    ▲8六歩    △7四飛    ▲8五歩    △6五歩    ▲1六歩
*ボンヤリ端歩。

△4三角    ▲8六飛    △5四銀    ▲4四角    △6三銀    ▲5五角
△5四銀    ▲4四角    △6三銀    ▲5五角    △6四銀
*無理。

▲4六角    △4五歩    ▲6四角
*歩切れにさしてから角を切る。

△同 飛    ▲5五銀    △7四飛    ▲8四歩    △9五角
*歩切れなのでやむない。

▲5六飛    △8四飛    ▲9六歩
*断乎。

△7七角成  ▲同 金    △8八飛成  ▲7八金    △9九龍    ▲7四歩
△4六歩    ▲7三歩成
*つまづき。

△4七歩成  ▲7九歩
*▲6二となら優劣不明だった。

△4八歩    ▲5九金    △3八と    ▲同 玉    △7三金
*後手優勢。

序中盤が非常に良く指せ「升田式石田流」の代表作となるべきを惜しいことをした。と。升田は振り返った。

コメント