2八飛。棒銀腰掛け銀

スポンサーリンク




現在では主流の2八飛型だが1990年代頃までは消極的とか言われていた。圧倒的に2六飛型が多かった。

初手から。

▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩    ▲7八金    △3二金
▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩    ▲2八飛    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲8七歩    △8四飛    ▲4八銀    △6二銀
▲4六歩    △6四歩    ▲4七銀    △6三銀    ▲7六歩    △3四歩
▲5六銀    △5四銀    ▲5八金    △6二金    ▲4七金    △5二玉
▲3六歩    △9四歩    ▲9六歩    △7四歩    ▲4八玉


これからの将棋。
棒銀を目指すがうまく行かないとみて腰掛け銀から右玉。
これは普通の戦い。
飛車が浮いていない分目標にされなくなる。
むしろこの2八飛の方がいい。
そういう考えたかもできる。

コメント