江戸時代の穴熊。右香車落ち定跡。将棊駒組啓蒙穴熊

△3四歩    ▲7六歩    △8四歩    ▲6六歩    △6二銀    ▲7八銀
△8五歩    ▲7七角    △5四歩    ▲6八飛    △5五歩    ▲4八玉
△5三銀    ▲3八玉    △5四銀    ▲2八玉    △4二玉    ▲1八香
△3二玉    ▲1九玉    △4二銀    ▲2八銀    △5三銀    ▲3九金
△7四歩    ▲6七銀    △6四歩    ▲5九金    △5二金右  ▲4九金左
△6五歩    ▲同 歩    △同 銀    ▲6六歩    △5四銀引  ▲9六歩
△4四角    ▲9五歩    △8四飛    ▲9八飛
まで40手で中断

江戸時代は穴熊は岩屋とか獅子の洞入と言われていたらしい。当時、既に7.8筋に玉を囲う事は常識とされていたが現在は9筋まで深く囲う手順が広まっている。
既に江戸時代にこうこう定跡書があったというのがすばらしい。

広瀬流の穴熊

広瀬流の穴熊を少し研究。

初手から

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △4二飛
▲6八玉    △6二玉    ▲7八玉    △7二玉    ▲5六歩    △3二銀
▲7七角    △4三銀    ▲5七銀    △8二玉    ▲2五歩    △3三角
▲8八玉    △5四銀    ▲6六銀    △6四歩    ▲7八金    △9二香
▲9八香    △9一玉    ▲9九玉    △8二銀    ▲8八銀    △5二金左
▲5九金    △6二金寄  ▲6九金    △4五歩    ▲6八角    △6五歩
▲7七銀引  △6三銀
*駒組み完成。これが広瀬流。NHK杯で渡辺竜王との対戦でもこの形になった。


▲3六歩    △5四歩    ▲2四歩    △同 歩    ▲3五歩    △3二飛
*これが正解。同歩は後手苦しい。

▲7九金寄
*一手待つ。いきなり行くと今度は先手がつまらない。

△3五歩    ▲3七桂    △5一角
*これは不味い。

▲4五桂    △3四飛    ▲2二歩    △3六歩    ▲2一歩成  △3七歩成
▲3一と
*これがいい手。知っていないと指せない。

△2八と    ▲4一と    △3三角    ▲同桂成    △同 飛    ▲5一と
△7一金    ▲4四角    △3九飛成  ▲3五角上
*後手不利。

つまり△3一と、で参っている。ではどうするのか。

変化

△4二角
*今度は「△3一と」がない。

▲4五桂    △3四飛    ▲2二歩    △3六歩    ▲2一歩成  △3七歩成
▲2六飛    △4七と    ▲1一と    △5八と    ▲4六角    △4四歩
▲3三桂成  △同 角    ▲3五香
*先手の勝負手。

△4五歩    ▲3四香    △7七角成  ▲同 銀    △4六歩
*これなら後手指せる。

結局のところは3二飛に対しては3四歩という手が無難なようだ。
プロ同士の対決でもやりとりであるからアマチュアならこれでもどちらかが有利不利というレベルではないと思う。

相穴熊。銀冠穴熊

穴熊の最後に銀冠穴熊を解説。

1.

▲3六歩    △同 歩    ▲1三角成  △同 香    ▲4三角    △4八角
▲3四角成  △2六角成  ▲3三馬    △4九飛    ▲2三馬    △2九飛成
▲1三馬    △1九龍    ▲5七馬    △5四歩    ▲6六銀    △3七歩成
▲9七香打
*好手。
△7四歩    ▲8五桂
*先手優勢。
△8四歩    ▲9三桂成  △同 銀    ▲9四歩    △8二銀    ▲9三歩成
△同 香    ▲9二歩    △同 玉    ▲9三香成  △同 銀    ▲同香成
△同 玉    ▲6五銀    △8二玉    ▲8五歩
*先手勝勢。
*端の位は天王山。

2.

8五歩    △7四歩    ▲6六銀    △7三銀左  ▲8六角    △6四歩
*互角。

プロ的には固め合いは居飛車穴熊が少し損をするらしい。
振り飛車穴熊の方が相対的に堅くなってしまうからだとか。
実戦的には互角。
これからの将棋。