最新の相掛かり戦法

最新の相掛かり戦法
相掛かり戦法全般の基本知識。
特徴やプロで現れる形を解説。
腰掛け銀、3七桂戦法、3七銀戦法、ひねり飛車、2八飛型。
1990年頃は2六飛型が主流だった。
相掛かりは定跡といっても基本的な形があるだけで矢倉や角換わりみたいに細かい変化手順があるのとは違う。
初心者のうちだと比較的相掛かりに近い形になるかも知れない。
力戦なので底力、将棋腕力がある方が勝つ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA