初代大橋宗桂 vs 本因坊算砂 1618-01-20

開始日時:1618/01/20
棋戦:お城将棋??
戦型:四間飛車
場所:江戸城
先手:初代大橋宗桂
後手:本因坊算砂

*棋戦詳細:
*「初代大橋宗桂」vs「本因坊算砂」
▲7六歩    △3四歩    ▲4八銀    △4四歩    ▲4六歩    △4二銀
▲3六歩    △4三銀    ▲5六歩    △4二飛    ▲4七銀    △5四銀
▲5八飛    △4五歩
*激しい変化となる。

▲2二角成  △4六歩    ▲同 銀    △2二飛    ▲5五歩    △6五銀
▲4三角    △4七角
*激しい変化からこの局面は難解な形勢。

▲3八金    △5六銀    ▲3四角成  △3八角成  ▲同 飛    △4七銀成
▲9八飛    △4六成銀  ▲6八玉    △3二飛    ▲4四馬    △3六飛
▲3七歩    △5七成銀
*これがどうだったか。
*もう少しじっくり指せば後手が有利だった。

▲同 玉    △5六銀    ▲6八玉    △5七金    ▲7八玉    △6七銀成
▲8八玉    △4六飛    ▲3四馬    △4九飛成  ▲7八銀打  △5二金右
▲5四歩    △6二銀    ▲7二角    △3二金    ▲8一角成  △4三金左
▲3五馬    △4四金    ▲2六馬    △3五歩    ▲1五馬    △4一玉
▲3三桂    △3二玉    ▲2一桂成  △3四金    ▲7二馬    △2四歩
▲2六歩    △3三玉    ▲1六馬    △4一龍    ▲1一成桂  △2五歩
▲同 歩    △5四歩    ▲1二成桂  △4四玉    ▲2七馬    △2六歩
▲1六馬    △4六歩    ▲4八歩    △7八成銀  ▲同 銀    △4五銀
▲5九香
*これが決め手という感じ。

△4八金    ▲5六桂    △同 銀    ▲同 香    △4五桂    ▲8三馬
△5七桂成  ▲6五馬    △5六成桂  ▲同 馬    △4七歩成  ▲2四歩
△4五金    ▲3三銀    △同 玉    ▲3四銀    △4二玉    ▲4五銀
△5一玉    ▲4四桂
まで105手で先手の勝ち

はるか遠くの江戸時代初期にこんな激しい将棋が指されていたとは驚きである。
力戦形で中終盤は今のプロに近い実力がある。