日記、持論など

日記、持論など

棋譜を並べていたら詰将棋が湧いて出てきた

本日は詰将棋が4題いきなり思いついた。 きっかけは本日棋譜解説した中村亮介vs泉正樹の棋譜。 棋譜には直接出てこないが実戦のなかに隠されていた変化の順を詰め将棋用に創作した。 何気に思いついてしまった。 それだけプロは鋭い詰み筋を狙っている...
日記、持論など

後手番の勝率が高い

近年では後手番の勝率が先手の勝率を上回ったことが話題となったが20年位前も一度そういうことがあった。1993年だっただろうか。振り飛車に対して左美濃や居飛車穴熊が流行った頃であった。 振り飛車も随分といろいろな戦法が出てきて後手も戦いやすく...
日記、持論など

解説者の見落としと聞き手の指摘

対局の放送とか棋譜解説とかで時々解説者が見落としする。 角や飛車の利きを見落とすなんてことは意外と多い。 聞き手が気がついて指摘することもあるがそのまま見落とされてしまうことも多い。 変化手順でそういうことがよくある。 これは詰みとかいう解...
日記、持論など

奨励会や女流の棋譜が参考になる

いつも見ていただきありがとうございます。当方では奨励会や女流の棋譜を載せていますがこれはアマチュアには参考になる。 トッププロ同士の対決はレベルが高すぎるからそれを見て会得するのは難しい。 並べて調べるということはある程度出来るが最強の決戦...