将棋ソフトの実力

たとえトッププロでも終盤はソフトには勝てない。
持ち時間が短い将棋対局ならば市販ソフトでもかなりプロに勝ち越すだろう。
例えばNHK杯みたいな1手30秒などのルールならばまず勝てない。
これはトッププロも話していたことである。
ソフトは序盤と終盤が圧倒的。
序盤もデータベースなので間違いなく指す。横歩取りのような激しい変化も見落としがないまま指せる。
どんな戦形でもそうである。
こんな大量な定跡を間違いなく覚えられるわけもない。
人間側は中盤に付け入るしかない。
将棋は中盤が長い。
大局観、数学的には静的評価関数というらしいです。
これがコンピューターには難しい。