敷き歩太夫??

平安時代から「しきぶたゆう」というのがあった。

位ばかり高くて役に立たないことである、飛車が歩の上にいると働きが悪いのでネタとされていた。