居飛車穴熊vs持久戦。基本図

大昔、穴熊はハメ手と言われた。アマチュアの大会は時間が短いので有効だとも言われている。
森下卓も奨励会時代はひたすら穴熊だったという。
それだけ負けにくい戦法だ。
しかし、将棋はそんなに簡単には行かない。
森下卓も四段プロになってからははやりそれだけでは勝てないと思った。と述べている。
当方はむしろ穴熊歓迎であった。

急戦、持久戦など対抗策はいろいろある。
藤井システムがない時代でも各種の対穴熊定跡は立派なものである。
急戦で潰す。持久戦で厚みで押して押さえ込むなどいろいろある。

まずは基本図。

▲1六歩△9五歩▲3七桂△6五歩▲7七銀引△5五歩▲同 歩△同 銀
▲4五桂△4四角▲2四歩△同 歩▲同 飛△同 飛▲同 角△2九飛
▲4二角成


短絡的に進めるとこのような展開となって穴熊優勢。
堅さと遠さがそのまま生きる。
簡単に飛車を捌かせてはいけない。
逆に穴熊側は強引に捌きに行くこともできる。