定跡。四間飛車。棒銀。5二金型

一般的な棒銀対四間飛車。

▲3五歩
*これを同歩とする手は基本的にない。
△6五歩    ▲3四歩    △同 銀    ▲3八飛    △4五歩
*振り飛車の常套手段。

▲3三角成  △同 飛

▲8八角    △5五歩
*この手がポイント。これで桂馬を捌いたときに攻めが利く。

▲同 角    △3五歩
▲4五歩    △2七角    ▲4八飛
実戦的には振り飛車が優勢。
定跡書には居飛車有利としてあるものが多いがそんなことはない。

居飛車側が角で3三の飛車を取ると同桂と跳ねられる。
そのあとで4五桂とされて5七の地点を攻撃される。
5筋の歩が切れているので居飛車側はかなり苦しい。