4一玉型。少し研究2

△4一玉に▲3六飛の基本定跡。

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲3四飛    △4一玉    ▲3六飛    △8四飛
▲3八金    △5一金    ▲5八玉    △6二銀    ▲8七歩    △2四飛
▲2八銀    △2七歩
*この仕掛けがどうなるか。

まず同銀とする変化。

▲同 銀    △8八角成  ▲同 銀    △5四角    ▲2六飛    △2七角成
▲2四飛    △3八馬    ▲8四飛    △8三歩
*つまり、王手飛車取りの筋にする。

▲同飛成    △6九銀    ▲6八玉    △4七馬    ▲8一龍    △5八馬
▲7七玉    △7八銀成  ▲同 玉    △6六金    ▲6八銀    △6九金
▲7九銀左  △6八金    ▲同 銀    △6九銀    ▲7九玉    △6七金
*後手勝ち。後手必勝定跡とも言える。

変化:27手目
▲3九銀    △8八角成  ▲同 銀    △2八角    ▲2五歩    △同 飛
▲2八銀    △同歩成    ▲2六歩    △3八と    ▲2五歩    △2九と
*これならいい勝負。

知っていないと指せない部分がある。それが横歩取りの将棋。