ダイレクト向飛車実戦3。第51期王位戦挑戦者決定リーグ紅組。佐藤康光vs大石直嗣

開始日時:2010/04/07
表題:ダイレクト向飛車実戦3
棋戦:王位戦
戦型:向飛車
持ち時間:各4時間
場所:東京・将棋会館
先手:佐藤康光
後手:大石直嗣
*棋戦詳細:第51期王位戦挑戦者決定リーグ紅組
* 「佐藤康光九段 」vs「大石直嗣四段 」
*
*強豪そろいの王位戦リーグに入ることが出来た大石がダイレクト向飛車考案者の本家に挑む。
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △9四歩 ▲2五歩 △9五歩
▲6八玉 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀 ▲7八金 △3三銀
▲3八銀
*このころのダイレクト向飛車のテーマ図。
△2二飛 ▲6五角 △7四角 ▲同 角 △同 歩 ▲7五歩
△7二飛 ▲7四歩 △3二金 ▲3六歩
*このあたりは検討の余地がある手。
*定跡解説では▲4六歩を解説した。
△7四飛 ▲3七銀 △6二銀 ▲5八金 △6四歩 ▲6六歩
△6三銀 ▲6七金右 △7二飛 ▲7七銀
*狙いの手。
△5二金 ▲7九玉 △5四銀 ▲4六銀 △4四歩 ▲5六歩
△4二玉 ▲8八玉 △3一玉 ▲3五歩 △4三銀
*部分的にはよくある手。
▲3四歩 △同銀右 ▲7三歩 △8二飛 ▲7二角 △6二金
▲3六角成 △7三金 ▲3五銀 △同 銀 ▲同 馬 △3四銀打
*手厚く受ける。
▲3六馬 △6三角 ▲2六馬 △9六歩 ▲同 歩 △9七歩
▲3五歩 △4三銀 ▲4六歩
*冷静な手。
△9六香 ▲8六銀 △8四歩 ▲9四歩 △8五歩 ▲9五銀
△7二飛 ▲4五歩 △7七歩 ▲同金上 △7六歩 ▲同金直
△5四角 ▲7七歩
*好手。
*角切りに備える。
△7四金 ▲8三銀
*平凡だが好手。
*先手優勢。
△7三飛 ▲7四銀成 △同 飛 ▲9七香 △同香成 ▲同 玉
*玉を捌く。
△7五銀 ▲6五歩 △8二香 ▲4八馬
*好手。決め手。
△7六銀 ▲同 金 △9六歩 ▲同 玉 △6三角
*勝負手。
▲7五香 △8六歩 ▲7四香 △同 角 ▲8五銀 △同 香
▲8六歩
*先手勝勢。
△同 香 ▲同 玉 △7三香 ▲8五歩 △4一角 ▲4四歩
△5四銀 ▲2四歩 △7六香 ▲5一金
*実力の差と言ってしまえばそれまでだが、序盤から積極的に動くべきだったか。
まで113手で先手の勝ち

ダイレクト向飛車実戦2。第25期竜王戦決勝トーナメント。稲葉陽vs大石直嗣

開始日時:2012/07/04 10:00
表題:ダイレクト向飛車実戦2
棋戦:竜王戦
戦型:向飛車
持ち時間:5時間
消費時間:135▲296△299
場所:関西将棋会館
先手:稲葉陽
後手:大石直嗣
*棋戦詳細:第25期竜王戦決勝トーナメント
* 「稲葉 陽六段 」vs「大石直嗣四段 」
*
*子供将棋大会でメントス少年と言われた時代から両者は対戦して交流があるという。
*
*研究会でも指しているので手の内はお互い知っている。
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △9四歩 ▲2五歩 △8八角成
▲同 銀 △2二銀 ▲5八金右
*少し珍しい手。
△3三銀 ▲4八銀 △2二飛 ▲6五角 △7四角 ▲4三角成
△5二金右 ▲7五歩 △4三金 ▲7四歩 △同 歩 ▲4六歩
△6二玉 ▲6八玉 △5二金 ▲4七銀 △7二銀 ▲7七銀
△6四歩 ▲3六歩 △6三銀
*力戦の将棋となる。
▲9六歩
*少し緩い手だったか。
*先に▲6六歩か▲7九玉。
△5四金 ▲7八金 △6五歩 ▲5六銀 △7三角 ▲4七金
△4五歩 ▲3七角 △4六歩 ▲同 金 △4二飛 ▲4八飛
△3五歩
*手筋。
▲4五歩 △3六歩 ▲同 金 △3七角成 ▲同 金 △3四銀
▲4六金 △3三桂 ▲3七桂 △4七歩 ▲同 金 △4五桂
▲同 桂 △同 銀 ▲1五角 △4四飛 ▲4六桂 △同 銀
▲同 金 △6四桂
*味がよい手。
▲4七銀 △6六歩 ▲同 歩 △6七歩 ▲同 金 △7五桂
*後手優勢。
▲5八銀 △3六歩 ▲3八歩 △3九角 ▲4九飛 △2八角成
▲4七銀 △3七歩成 ▲同 角 △同 馬 ▲同 歩 △4五金
▲同 金 △6七桂成 ▲同 玉 △2七角 ▲4四金 △4九角成
▲5八金
*何気に好手。銀だと△5九馬ともぐられる。
△6九飛 ▲6八銀打 △8九飛成 ▲5六歩 △4六桂 ▲6五桂
△5五金 ▲5三金 △7一玉 ▲6二金
*勝負手。
△同 金 ▲5一飛 △7二玉 ▲5五飛成 △5八桂成 ▲同 銀
△5四金 ▲7三歩 △同 桂 ▲同桂成 △同 金 ▲8五桂
△6一桂 ▲6五桂 △同 金
*敗着。
*△5五金と竜を取れば後手勝ちだった。
▲同 歩 △6六歩 ▲5七玉 △5四桂 ▲6四歩 △6七金
▲同銀直 △同歩成 ▲同 銀 △5九龍 ▲4七玉 △4六銀
▲3六玉 △5五銀 ▲3五角
*決め手。
△5三桂 ▲6三歩成 △同 金 ▲7三歩 △6二玉 ▲4三金
まで135手で先手の勝ち

ダイレクト向飛車実戦1。第6回朝日杯将棋オープン戦一次予選。大石直嗣vs小林健二

開始日時:2012/08/01
表題:ダイレクト向飛車実戦1
棋戦:第6回朝日杯将棋オープン戦一次予選
戦型:向飛車
持ち時間:各40分
場所:関西将棋会館
先手:大石直嗣
後手:小林健二
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8八角成 ▲同 銀 △2二銀
▲4八銀 △3三銀 ▲6八玉 △2二飛 ▲7八玉
*持久戦を選ぶ。
△5二金左
*後からの△6五角を警戒。
▲2五歩
*これで△3二金はないので突きやすい。
△6二玉 ▲4六歩 △7二玉 ▲4七銀 △8二玉 ▲7七銀
△7二銀 ▲5八金右 △2四歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲3六銀
△2五歩
*危険。△3三桂が必要な手だった。
▲5六角
*チャンスを逃した。▲2三歩で先手優勢であった。
△3三桂 ▲3四角 △5四歩 ▲8八玉 △5三金 ▲6六歩
△6四歩 ▲6八金寄 △9四歩 ▲7八金上 △5五歩 ▲9六歩
△7四歩 ▲9八香 △8四歩 ▲9九玉 △8三銀 ▲8八銀
△7二金 ▲1六歩 △7三桂 ▲1五歩 △8五歩
*後手の作戦勝ちか。
▲7九金 △4四金
*好手。
▲7八角 △5四金
*千日手狙いを含みにしている。
▲7七金 △6五歩 ▲同 歩 △同 桂 ▲6七金 △6六歩
▲6八金引 △4九角
*厳しい手。
▲6七歩
*粘りの手。
△同歩成 ▲同 角 △同角成 ▲同 金 △6六歩 ▲同 金
△5七桂成 ▲7五歩 △6五歩 ▲7六金 △6七角 ▲7七金
△5六角成 ▲7四歩 △6六歩 ▲6八歩 △7四馬
*△7四銀なら後手優勢だった。
▲6六金
*盛り返す。
△6二飛 ▲6七歩 △8六歩 ▲7五歩 △5二馬 ▲8六歩
△7三歩 ▲2三角 △5六成桂 ▲3四角成 △6六成桂 ▲同 歩
△5六歩 ▲同 馬
*▲2四馬と駒得したほうが良かったか。
△5三馬 ▲7八飛 △5五金打 ▲3四馬 △6六金 ▲2四馬
△6七金 ▲1八飛 △4四馬 ▲8七銀打 △5六歩 ▲6八歩
△6六金 ▲5八歩 △6五金上 ▲3五銀 △5五馬 ▲4七桂
△5四馬 ▲3三馬 △1八馬 ▲同 香 △4九飛 ▲1一馬
△2九飛成 ▲7八香 △5七歩成 ▲同 歩 △7六桂 ▲6六馬
△同 金 ▲7六香 △6五角 ▲7四桂 △同 銀 ▲同 歩
△7六金 ▲同 銀 △同 角 ▲7八金打
*穴熊流の手。
△6六桂 ▲2三角 △7八桂成 ▲同角成 △7五香 ▲7三歩成
△同 金 ▲7七歩 △8七銀 ▲同 銀 △同角成 ▲同 馬
△7九龍 ▲7八金 △7七香成 ▲同 馬
*馬の守りは金銀3枚。
*先手優勢。
△7六歩 ▲7九金 △7七歩成 ▲同 桂 △8七金 ▲6七香
△7六角 ▲7一角 △同 玉 ▲6二香成 △同 玉 ▲6六飛
△6五銀 ▲7六飛 △同 銀 ▲5四桂 △7二玉 ▲6二飛
△8三玉 ▲7五桂
*本来の使い手である大石が居飛車側をもって指した実戦だった。
*穴熊相手に勝ちきるのは大変だということを自ら証明した。
まで171手で先手の勝ち