定跡。駒の働き

極端な例として筋違い角を取り上げてみる。

▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △8五歩    ▲2五歩    △3二金
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △2二銀
▲4五角    △5二金    ▲3四角    △5四歩
*一歩得か、持ち角か。


盤上の馬と持ち駒の角でいい勝負だといわれる。
この戦法は先手の角の働きが悪い。
一歩得と言っても中盤以降、持ち歩が増えてくると意味を成さない。
当たり前のことだが駒の働きは重要である。