第28期銀河戦本戦Cブロック最終戦。藤井聡太vs羽生善治

開始日時:2020/07/04
表題:第28期銀河戦本戦Cブロック最終戦
棋戦:銀河戦
戦型:三間飛車
持ち時間:各15分+30秒+考慮時間10回
場所:東京将棋会館。銀河スタジオ
先手:藤井聡太
後手:羽生善治

*羽生善治九段 vs 藤井聡太七段
*2020年7月4日
*解説:増田康宏六段
*聞き手:千葉涼子女流四段
*記録:塚田恵梨花女流初段
*読上げ:野田澤彩乃女流初段
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △4四歩 ▲2五歩 △3三角
▲4八銀 △9四歩 ▲9六歩
*最近はこの端歩を受けるのが流行っているらしい。
*藤井聡太がやったのでみんなが真似しているとも言える。
△3二飛 ▲6八玉 △4二銀 ▲7八玉 △6二玉 ▲5八金右
△7二銀 ▲5六歩 △7一玉
*羽生は時々振り飛車をやるが三間飛車は珍しい。
*しかし、三間飛車そのものは若手プロで流行している。
▲7七角 △4三銀 ▲8八玉 △5二金左 ▲5七銀 △8二玉
▲6六歩 △3五歩 ▲7八銀 △5一角 ▲6七金 △5四銀
▲1六歩 △3六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲4八銀 △3四飛
▲6八角 △4五歩 ▲3五歩 △3一飛 ▲3七銀 △7四歩
▲2四歩 △同 歩 ▲3六銀 △6四歩 ▲3七桂 △6三金
▲4六歩 △同 歩 ▲同 角 △4一飛 ▲4五歩
*先手好調か。
△7三桂 ▲3四歩 △8四歩 ▲7七桂 △1四歩 ▲8六歩
△7一金 ▲2六飛 △4八歩 ▲3五銀 △4九歩成 ▲4四歩
△4五歩 ▲5七角 △6一金 ▲2四銀 △4八と ▲3五角
*うまくかわしたか。
△6五歩 ▲2三銀成 △3一歩 ▲6五歩 △同 桂 ▲同 桂
△同 銀 ▲6六歩 △5四銀 ▲5五桂 △同 銀 ▲同 歩
△4六桂 ▲7九金 △5八桂成 ▲3三歩成 △同 桂 ▲3四歩
△2五歩 ▲3六飛 △6八歩 ▲3三歩成 △6九歩成 ▲8九金
△4七と ▲3二と △4六と ▲4一と △7三角 ▲4三歩成
△6八と ▲5三と
*と金が多い将棋となった。
△6四金 ▲5一と △6七と ▲6一と △6八成桂 ▲6三と
*決め手。
△7八成桂 ▲同 金 △同 と ▲同 玉
まで113手で先手の勝ち

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA