棒銀の基本(3) 端攻め

表題:棒銀の基本(3) 端攻め

▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2八飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛 ▲3八銀 △6二銀
▲2七銀 △3四歩 ▲2六銀 △4二銀 ▲2五銀 △3三銀
▲2四歩 △同 歩 ▲同 銀 △同 銀 ▲同 飛
*攻めの銀と守りの銀を交換して成功。
△2三歩 ▲2八飛 △5二金 ▲6九玉 △4一玉 ▲7六歩
△4四歩
*角交換を避ける。
▲6八銀 △4三金右 ▲5八金 △6四歩 ▲1六歩 △6三銀
▲1五歩 △5四銀 ▲1四歩 △同 歩 ▲1三歩
*ポイントとなる手。
△同 香
*厳密には△同桂がいちばん粘りが利く。
▲1二銀
*決め手。
まで49手で

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA