相掛かり▲2六飛△8二飛型

スポンサーリンク




表題:相掛かり▲2六飛△8二飛型
戦型:相掛かり
▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △2三歩 ▲2六飛 △7二銀
▲1六歩 △1四歩 ▲3八銀 △6四歩 ▲7六歩 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8二飛
*この方が無難。
▲4六歩 △6三銀 ▲4七銀 △3四歩 ▲5六銀 △5四銀
▲6八玉 △4二玉 ▲5八金 △5二金 ▲3六歩 △9四歩
▲9六歩 △6五歩
*先に△7四歩だと飛車のコビンが開いて狙われる。
▲7五歩 △6二飛
*工夫の手。
*△8二飛型だからできる手。
▲2二角成 △同 銀 ▲8八銀 △6六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲7九玉
*▲6七歩と受けるのは作戦負け。
△6二飛 ▲6四歩
*味がよい手。
△3三銀 ▲2八飛 △3一玉 ▲7七銀 △4四歩 ▲6七金右
△9五歩 ▲同 歩 △9六歩
*形勢互角。
*1995年竜王戦第5局。羽生善治vs佐藤康光と同一局面。

コメント