角換わり。腰掛け銀4

スポンサーリンク




表題:腰掛け銀
戦型:角換わり
*以前、残っていた古いデータで解説したが再掲載。
*昔からよくある定跡。
*基本なので居飛車党、振り飛車党関係なく参考になると思う。
▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩 △8五歩 ▲7七角 △3四歩
▲8八銀 △3二金 ▲7八金 △7七角成 ▲同 銀 △4二銀
▲3八銀 △7二銀 ▲4六歩 △6四歩 ▲4七銀 △6三銀
▲6八玉 △4一玉 ▲5六銀 △5二金
*先に△5四銀だと▲4五銀△同銀▲6三角とされる。
▲5八金 △3一玉 ▲3六歩 △5四銀 ▲1六歩 △1四歩
▲9六歩 △9四歩 ▲7九玉 △7四歩 ▲6六歩 △4四歩
▲3七桂 △7三桂 ▲2五歩 △3三銀 ▲8八玉 △6五歩
*後手から仕掛ける。
*△2二玉だと木村定跡となってしまう。
*つまり△2二玉は悪手となる。
*後手から仕掛けると木村定跡とどう違うのかを解説。
▲同 歩 △7五歩 ▲6六銀 △3五歩 ▲同 歩 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲8七歩 △8一飛
*激しい変化を嫌うのであればこれが無難な手。
*△3六歩が残っているので先手から▲7二角などして馬を作っても先手は良くはならない。
▲4七角 △7六歩 ▲7四歩 △8五桂 ▲7三歩成 △8四角
*やはり後手優勢。
*
*後手の△2二玉が悪手となったが先手も▲8八玉と上がる手が悪手となる。
*こうして現代の同型腰掛け銀の形になっていった。

コメント