第64回NHK杯準々決勝第1局。佐々木勇気vs行方尚史

開始日時:2015/02/01(日)
棋戦:第64回NHK杯準々決勝第1局
戦型:角換わり腰掛け銀
先手:佐々木勇気
後手:行方尚史
*解説。村山慈明七段。
▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △3二金    ▲7八金    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △4二銀
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲4六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △5四銀    ▲5八金    △5二金
▲7九玉    △4一玉    ▲1六歩    △1四歩    ▲3六歩    △4四歩
▲5六銀    △3一玉    ▲3七桂    △7四歩    ▲6六歩    △3三銀
▲4八飛    △4二金右  ▲8八玉    △2二玉    ▲6八金右  △2四銀
*最近出てきた新手。先手に攻めを催促する。
▲4五歩    △同 歩    ▲6五歩
*実戦例は多くないが研究会ではよく指されている。
△8六歩    ▲同 銀    △6五歩    ▲6四角    △7三角    ▲同角成
△同 桂    ▲6四角    △7二飛    ▲1五歩    △同 歩    ▲3五歩
△4四角
*期待の反撃。
▲7七銀    △8五桂    ▲4五銀    △同 銀    ▲同 飛    △4三歩
▲5五銀    △7七桂成
*先手がどの駒で取り返すのかで手を変えて指す。
▲同金直
*同金右だと△3五角が厳しい。
△7五歩    ▲同 歩    △7三銀    ▲同角成    △同 飛    ▲4四銀
△同 歩    ▲5五角    △7六歩    ▲同 金    △5四銀    ▲4六桂
*好手。
△4五銀    ▲同 桂
*飛車をすぐに取らないのが良い。
△3八飛    ▲3四桂    △1二玉    ▲1三歩    △同 銀    ▲6九歩
*もう少し手厚く受けるべきだったか。
△6七銀
*これが意外と厳しい手。
▲1四歩    △7九角
*寄せの手筋。
▲7七玉
*▲9八玉の方が難解だったか。
*以下即詰み。
△6八角成  ▲同 歩    △同飛成    ▲8六玉    △8三飛
まで96手で後手の勝ち