第31期全国アマチュア王将位大会決勝トーナメント準決勝第1局千日手指し直し局。中川慧梧vs小林知直

開始日時:2014年11月30日
表題:決勝トーナメント準決勝第1局
棋戦:第31期全国アマチュア王将位大会
戦型:四間飛車穴熊vs左美濃
持ち時間:30分+30秒
先手:中川慧梧
後手:小林知直
*小林知直 vs 中川慧梧
*対局日:2014年11月30日
*解説:屋敷伸之九段
*聞き手:斎田晴子女流五段
*記録:伊藤明日香女流初段、読上げ:高野智史三段
*千日手指し直し局。
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲2五歩    △3三角
▲4八銀    △4二飛    ▲6八玉    △3二銀    ▲7八玉    △6二玉
▲5六歩    △7二玉    ▲5七銀    △4三銀    ▲7七角    △8二玉
▲8八玉    △5四銀    ▲6六歩    △6四歩    ▲5八金右  △9二香
▲7八銀    △9一玉    ▲3六歩    △4五歩    ▲3五歩
*穴熊完成前に仕掛ける。
△同 歩    ▲2四歩    △同 歩    ▲6五歩    △同 銀    ▲3三角成
△同 桂    ▲2四飛    △4六歩    ▲同 銀
*▲同歩は△4五桂で困ったがこれで後手は手がない。
*後手は金銀がバラバラであり先手には指したい手がたくさんある。
△6六角
*勝負手。
▲7七銀    △同角成    ▲同 玉
*受けが強い棋風。
*力強く指す。先手優勢。
△5六銀    ▲3四角
*金銀両取り。
*金の方を受けるとゲームセットになってしまうのではつらい。
△4四飛
*勝負手。
▲6一角成  △2四飛    ▲7一馬    △8二銀    ▲同 馬
*穴熊に対する寄せのコツ。
△同 玉    ▲6三銀
*後手は受けが難しい。
△2二飛    ▲6二歩
*ここに歩が利くのが大きい。
△7一飛    ▲6一角    △7二角    ▲同角成    △同 飛    ▲9一銀
まで61手で先手の勝ち

第31期全国アマチュア王将位大会決勝トーナメント準決勝第1局。小林知直vs中川慧梧

開始日時:2014年11月30日
表題:決勝トーナメント準決勝第1局
棋戦:第31期全国アマチュア王将位大会
戦型:向飛車
持ち時間:30分+30秒
先手:小林知直
後手:中川慧梧
*小林知直 vs 中川慧梧
*対局日:2014年11月30日
*解説:屋敷伸之九段
*聞き手:斎田晴子女流五段
*記録:伊藤明日香女流初段、読上げ:高野智史三段
▲7六歩    △8四歩    ▲5六歩    △8五歩    ▲7七角    △5四歩
▲8八飛    △3四歩    ▲6八銀    △4二玉    ▲2二角成  △同 銀
▲7五角
*激しい変化のようだが向飛車ではある形。
△6四角    ▲6六角    △3二玉    ▲4八玉    △6二銀    ▲3八玉
△5三銀    ▲5七銀    △4四銀    ▲4六銀    △3三銀上  ▲2八玉
△2二玉    ▲1八香    △1二香
*相穴熊となる。
*時間が短いアマチュア大会ではよくあるパターン。
▲1九玉    △1一玉    ▲2八銀    △2二銀    ▲3六歩    △7四歩
▲3九金    △3一金    ▲5九金    △5一金    ▲4九金左  △4一金右
▲3八金左  △3二金右  ▲7七桂    △7三桂
*ここまで来ると手損や手得はあんまり関係ない。
*仕掛けがあるかないかが重要。
▲8九飛
*手詰まり状態。
*先手が少し苦心する。
△8一飛    ▲1六歩    △1四歩    ▲9六歩    △9四歩    ▲8八飛
△8二飛    ▲8九飛    △8一飛    ▲8八飛    △8二飛    ▲8九飛
△8一飛    ▲8八飛    △8二飛    ▲8九飛    △8一飛
まで62手で千日手

第57回NHK杯戦4回戦第1局。羽生善治vs長沼洋

開始日時:2008/01/07
棋戦:NHK杯
戦型:中飛車
持ち時間:15分+30秒+10回
場所:NHK放送センター
先手:羽生善治
後手:長沼洋
*放映日:2008/02/03
*棋戦詳細:第57回NHK杯戦4回戦第1局
*「羽生善治王座・王将」vs「長沼 洋七段」
*
*聞き手。中倉宏美。
*解説。阿部隆。
*
*長沼は駒を取るのが好きという棋風である。
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △5四歩    ▲2五歩    △5二飛
▲2二角成  △同 銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲7八銀
*丸山ワクチン+佐藤新手。
*時代を感じさせる。
△6二玉    ▲4八銀    △7二玉    ▲4六歩    △3三銀    ▲6八玉
△8二玉    ▲7九玉    △7二銀    ▲4七銀
*超速3七銀などはまだない時代。
△2二飛    ▲8八玉    △4四銀    ▲5八金右  △3三桂    ▲6六歩
△2一飛    ▲7七銀    △4二金    ▲7八金    △8四歩
*仕掛ける前に固める。
▲7五歩
*△7四歩とされてしまうと堅くなってしまうので当然の手。
△8三銀    ▲7六銀    △7二金    ▲8六歩    △5五銀    ▲6七金右
△2五桂
*2筋の逆襲。
*▲8五歩△同歩▲同銀とされてしまうとこの手はできない。
*その前に仕掛ける。
▲6五歩    △4四銀    ▲6六角    △2四歩    ▲5六歩    △3五歩
▲7七桂    △3七桂成
*鋭い切り込み。
▲同 桂    △1四角    ▲3八銀    △3六歩    ▲4五桂    △3七歩成
▲同 銀    △4七角成  ▲4八銀    △4六馬    ▲2九飛    △4五馬
▲8五歩
*狙いの手。
*後手は桂馬を取り返して馬を作ったが形勢は難解。
△同 歩    ▲8四歩    △同 銀    ▲7四歩    △8三金    ▲7五桂
△7四金    ▲6三桂成
*先手優勢のはずだが。
△7五桂
*この手が意外としぶとい。
▲6四歩    △5五歩    ▲5七銀    △6二歩    ▲同成桂    △6四金
▲7五銀    △同 銀    ▲同 角    △同 金    ▲6六銀
*遊び銀がここまで活用される。
△7四金    ▲7五桂    △8四金    ▲8三歩    △9二玉    ▲7一銀
△9三銀    ▲9五歩    △同 歩    ▲9四歩    △同 銀    ▲8二歩成
△9三玉    ▲4九飛    △2七馬    ▲8一と    △同 馬
*と金が消えたのは大きい。
*▲4九飛という手が得したように見えて後々隙となってくる。
▲7六桂    △7四金    ▲5五歩    △8六歩
*この手が入って難解な形勢。
▲8四歩    △5八角    ▲4八飛    △6九角成  ▲6八金引  △7一馬
*この手は大きい。
*銀を手持ちにしたので▲同成桂とはできない。△8七銀とされてしまう。
▲6九金    △6二馬    ▲8三角    △8四金    ▲9四角成  △同 金
▲8三銀    △8一飛
*攻防の手。
*形勢逆転か。
▲9四銀不成△同 玉    ▲8五金    △9三玉    ▲9五香    △8二玉
*これで捕まらない。
*先手陣はバラバラとなってしまった。
▲6四歩
*これでは先手辛い。
*後手大チャンス。
△9六銀
*大逆転。
*後手必勝。
▲6三歩成  △9七角    ▲8九玉    △8七歩成  ▲同 金    △同銀成
*羽生が負ける。
*
*この年のNHK杯では長沼は大活躍であった。
まで130手で後手の勝ち