第72期B1級順位戦12回戦。阿久津主悦vs鈴木大介

開始日時:2014/2/13
終了日時:2014/02/28 20:16:28
表題:第72期B1級順位戦12回戦
棋戦:第72期B1級順位戦12回戦
戦型:三間飛車
先手:阿久津主悦
後手:鈴木大介

▲7六歩    △3四歩    ▲7五歩    △1四歩    ▲1六歩    △5四歩
▲6六歩    △4四角    ▲6八銀    △2二飛    ▲6七銀    △4二銀
▲7八飛    △2四歩    ▲2八銀
*プロ的には少し悔しい手だが十分な手。
△2五歩    ▲4八玉    △6二玉    ▲3八金
*突っ張った手。矢倉に組み替える手を狙う。
△5二金左  ▲5八金    △7二銀    ▲5六銀    △3三桂    ▲4六歩
△2六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲2七歩    △2四飛    ▲7四歩
*先に▲3六歩とすべきだったか。
△同 歩    ▲同 飛    △3五歩
*機敏な手。2筋の歩を切った直後なのでさらに良い。
▲7八飛    △7三歩    ▲8六歩    △7一玉    ▲7七角    △5三角
*△5五歩を狙う。
▲6五歩    △4四角    ▲8八飛    △5三銀
*△5五歩の攻防の末駒組みする。好手順。
▲8五歩    △7七角成  ▲同 桂    △5五歩    ▲同 銀    △4四銀
▲6六銀    △2六歩
*好手順の仕掛け。後手ペースを掴む。
▲同 歩    △同 飛    ▲4七金左  △6七角    ▲2七歩    △2四飛
▲9八角    △3四角成  ▲5六歩    △1五歩    ▲同 歩    △1六歩
▲8四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8二歩    ▲8八飛    △1五香
▲1八歩    △5三銀    ▲3九金
*勝負手。
△4四歩    ▲3八玉    △4五歩    ▲同 歩    △5四銀    ▲5七銀
△4五桂
*鈴木大介この手を軽視したか。
▲6八銀
*▲4六銀と上がると△4四馬が厳しい。
△4六歩    ▲同 金    △2六歩
*この将棋はこの△2六歩が急所らしい。

▲同 歩    △同 飛    ▲4七歩    △2四飛    ▲2七歩    △3七桂成
▲同 銀    △4五歩    ▲5五金    △同 銀    ▲同 歩    △4六歩
▲同 歩    △7八金
*勝負あり。
▲8六飛    △6八金    ▲6四歩    △5六歩    ▲6三歩成  △同 金
▲6四歩    △同 金    ▲4五銀    △2三馬    ▲4三角成  △5七歩成
▲3四歩    △6二歩    ▲8三歩    △同 歩    ▲8四歩    △1四馬
▲8三歩成  △4七と    ▲2八玉    △3七と    ▲同 桂    △1七銀
▲投了
*センスのある序盤が目立った。
*阿久津は初のA級入り。
まで122手で後手の勝ち

第72期A級順位戦8回戦。渡辺明vs三浦弘行

開始日時:2014/2/5
終了日時:2014/02/28 19:05:11
表題:第72期A級順位戦8回戦
棋戦:第72期A級順位戦8回戦
先手:渡辺明
後手:三浦弘行

*二人はこの対局の直前に棋王のタイトル戦で対決している。
▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
*横歩取り。プロでは最近流行である。
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8六歩
▲同 歩    △同 飛    ▲3四飛    △3三角    ▲3六飛    △8四飛
▲2六飛    △2二銀    ▲8七歩    △5二玉    ▲5八玉    △1四歩
▲3八金    △1五歩    ▲4八銀    △9四歩
*最近出てきて端歩突き。
*金銀桂馬を動かすより良いのではないかと議論されている。
▲7五歩    △9五歩    ▲7七桂
*角交換を拒否して持久戦を目指す。
△7二銀    ▲7六飛    △2四飛    ▲2七歩    △4二角    ▲6八銀
△3三銀    ▲5六歩    △4四銀
*お互い目標が分かりづらい。桂馬の頭をどうするかということを考えるべきか。
▲7九角    △3三桂    ▲5七銀左  △2一飛    ▲8六飛    △7一金
▲4六銀    △5四歩    ▲5七角    △8三歩    ▲3六歩
*夕食休憩明けの手。
*朝から8時間くらいかけてこの局面。
*難解な将棋である。
△2六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲2七歩    △3六飛    ▲3七銀上
△3四飛    ▲3五歩    △1四飛    ▲3六銀    △6二金    ▲3七桂
*事前に▲7六飛と受けておくべきだったか。と感想戦で述べる。
△7四歩    ▲7六飛    △9六歩
*狙いの手。
▲7四歩    △9七歩成
*結果的には大きい、と金となった。
▲6五桂    △7五歩    ▲8六飛    △6四歩    ▲7三歩成  △同 桂
▲同桂成    △同 金
*先手が忙しくなった。
▲2六桂
*平凡に▲3四歩△同飛とすると▲3五銀(直でも左でも良い)とすると△同銀ではなくて△同飛とされてから△3六歩と反撃されて困る。
△1三飛    ▲3四歩    △6五桂
*好手。勝因。

*普通のプロでも△7四桂と指すがトッププロは違うという感じの手。
▲6六角    △9八歩    ▲3三歩成  △同 飛    ▲4五銀右  △9六と
▲8五飛    △9五と    ▲7五飛    △7四歩
*飛車を捕獲。
▲4四銀    △同 歩    ▲6五飛    △同 歩    ▲4四角    △4八歩
*これで先手困っている。
▲4五桂打  △4九銀    ▲6八玉    △4三飛    ▲7一角成  △3八銀不成
*既に後手が勝ちらしい。読みきり。
▲3四桂    △6四角    ▲3三歩    △3一金    ▲5五歩    △6三玉
▲5三銀    △7五歩
*これで形勢がハッキリする。
▲9八香    △4七銀成  ▲6四銀成  △同 玉    ▲5二角    △5八飛
▲7九玉    △5九飛成
まで118手で後手の勝ち

第37期棋聖戦五番勝負第4局。二上達也九段vs米長邦雄棋聖

開始日時:1981/01/28
棋戦:棋聖戦
戦型:四間飛車
持ち時間:5時間
場所:静岡県熱海温泉「美晴館」
先手:二上達也
後手:米長邦雄

*棋戦詳細:第37期棋聖戦五番勝負第4局
*「二上達也九段」vs「米長邦雄棋聖」
*
*二上は大山時代の最強棋士の一人だったが中原時代になってもまだまだ健在だった。
▲2六歩    △3四歩    ▲7六歩    △4四歩    ▲4八銀    △3二銀
▲5六歩    △4二飛    ▲6八玉    △6二玉    ▲7八玉    △7二玉
▲5八金右  △8二玉    ▲6八銀    △7二銀    ▲5七銀左  △5四歩
▲3六歩    △4三銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲2五歩    △3三角
▲3七銀    △1四歩    ▲6八金上  △5二金左  ▲4六歩    △1二香
▲1六歩    △6四歩    ▲4五歩    △4一飛    ▲4八銀右  △7四歩
▲3七桂    △7三桂    ▲4四歩    △同 銀    ▲2四歩    △同 歩
▲4五歩    △同 銀    ▲3三角成  △同 桂    ▲3二角    △4二飛
▲2三角成  △4七歩    ▲3三馬    △4八歩成  ▲同 飛    △4七歩
▲同 飛    △4六歩    ▲4八飛    △3六銀    ▲4二馬    △同 金
▲4六飛    △3三角    ▲6六桂    △3七銀不成▲4二飛成  △同 角
▲7四桂    △9三玉    ▲4三飛    △8五銀
*ここかまで米長の読みどおりだったが。
▲4二飛成  △7四銀    ▲6二金
*これが俗手の決定打になるとは思わなかったらしい。

△同 金    ▲7一角    △8四玉    ▲6二角成  △7一歩    ▲6六銀
△8五金    ▲8六金    △同 金    ▲同 歩    △6三桂    ▲8五金
まで85手で先手の勝ち