昭和12年。木村義雄vs阪田三吉

*特別棋戦。昭和12年。
*木村義雄vs阪田三吉。


ここから後手が仕掛ける。
△2四歩    ▲同 歩    △同 角    ▲5四歩    △3三桂    ▲3六歩
△2六歩    ▲3五歩    △同 角    ▲3六金


*これで先手必勝。
*△2七歩成は▲3五金△同銀▲2三歩。
*つまり初手で△9四歩としなければこの局面では7二玉とっなているのでこの切り返しはなく阪田三吉がむしろ有利だった。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA