第70期名人戦七番勝負第6局。羽生善治二冠vs森内俊之名人

開始日時:2012/06/12 9:00
終了日時:2012/06/13
棋戦:名人戦
戦型:角換わり腰掛け銀
持ち時間:各9時間
消費時間:▲8時間51分△8時間37分
場所:福岡県北九州市「ホテルニュータガワ」
先手:羽生善治
後手:森内俊之

*棋戦詳細:第70期名人戦七番勝負第6局
* 「羽生 善治二冠 」vs「森内 俊之名人 」
▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △3二金    ▲7八金    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △4二銀
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲4六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △3三銀    ▲5八金    △1四歩
▲1六歩    △4二玉    ▲3六歩    △5四銀    ▲7九玉    △5二金
▲5六銀
*普通の腰掛け銀となる。

△4四歩    ▲6六歩    △7四歩    ▲3七桂    △3一玉    ▲4八飛
△4二金右  ▲8八玉    △2二玉    ▲2五桂    △2四銀    ▲2八角
△7五歩
*△2八角に対する形。△6四歩を飛車が浮いて守るを用意する。
▲4五歩    △7六歩
*この取り込みも大きい。
▲同 銀    △4五歩    ▲6四角    △7三歩    ▲7四歩    △6二飛
▲3七角    △6六飛    ▲6七金右  △4四角
*後手が無理そうだが▲7四歩が働いていない。
*先手は歩が受けに使えず後手の仕掛けが成立する。

▲7七桂
*このあたり昼食休憩。
△6七飛成  ▲同銀右
*このあたりでまだ一日目の午後。よくある将棋。
*第2局と同じ進行。
△6六歩    ▲5八銀    △4六金
*第2局では2七金だったが金が働かなかったのでこう指した。
▲2八角    △2六角
*△7四歩とする順は羽生が棋聖戦で指している。
*羽生が自信がある手順と森内名人は判断したようだ。

▲4九飛    △2五銀    ▲6一飛    △3六金
*新手。△4六桂という重厚な狙い。
*研究会とかではあったらしい。実戦では初めて。

▲2四歩    △同 歩    ▲7三歩成  △4六桂    ▲2三歩    △同 玉
▲2一飛成
*封じ手。ここから二日目。
*すぐに指すとすぐに△2二金と指されてしまう。
*次の手を決めたくないので、あえてここで48分使って封じる。
*封じてのあたりはミスが出やすい。
*ここを無事に乗り切れるかどうかが勝負どころ。

△2二金    ▲5一龍
*決断手だが▲1一龍が最善だったか。
△3二金右  ▲6九銀    △7五歩
*ここからの森内名人の指し手が見事。
▲同 銀    △7六歩    ▲3三歩    △同金直    ▲6三と    △3八桂成
*この手に70分。寄せ合い。

▲5三と    △4九成桂  ▲5四と    △5九角成  ▲6八銀
*夕食休憩の手。
△6七歩成
*好手。後手優勢。

▲5九銀    △7七歩成  ▲9七玉    △9五歩    ▲9一角成  △7六飛
*正確な寄せ。

▲8六桂    △同 歩    ▲同 銀    △7五桂
*うっかり7八とを先にすると5五馬で逆転する。
▲8九香    △7八と左  ▲5五馬    △8五桂
*今度は桂馬と香車が両替できるので詰み。
▲投了

まで106手で後手の勝ち


*当たり前のことだが最期までギリギリの勝負だった。
*森内名人防衛。