第70期名人戦七番勝負第6局。羽生善治二冠vs森内俊之名人

開始日時:2012/06/12 9:00
終了日時:2012/06/13
棋戦:名人戦
戦型:角換わり腰掛け銀
持ち時間:各9時間
消費時間:▲8時間51分△8時間37分
場所:福岡県北九州市「ホテルニュータガワ」
先手:羽生善治
後手:森内俊之

*棋戦詳細:第70期名人戦七番勝負第6局
* 「羽生 善治二冠 」vs「森内 俊之名人 」
▲7六歩    △8四歩    ▲2六歩    △3二金    ▲7八金    △8五歩
▲7七角    △3四歩    ▲8八銀    △7七角成  ▲同 銀    △4二銀
▲3八銀    △7二銀    ▲9六歩    △9四歩    ▲4六歩    △6四歩
▲4七銀    △6三銀    ▲6八玉    △3三銀    ▲5八金    △1四歩
▲1六歩    △4二玉    ▲3六歩    △5四銀    ▲7九玉    △5二金
▲5六銀
*普通の腰掛け銀となる。

△4四歩    ▲6六歩    △7四歩    ▲3七桂    △3一玉    ▲4八飛
△4二金右  ▲8八玉    △2二玉    ▲2五桂    △2四銀    ▲2八角
△7五歩
*△2八角に対する形。△6四歩を飛車が浮いて守るを用意する。
▲4五歩    △7六歩
*この取り込みも大きい。
▲同 銀    △4五歩    ▲6四角    △7三歩    ▲7四歩    △6二飛
▲3七角    △6六飛    ▲6七金右  △4四角
*後手が無理そうだが▲7四歩が働いていない。
*先手は歩が受けに使えず後手の仕掛けが成立する。

▲7七桂
*このあたり昼食休憩。
△6七飛成  ▲同銀右
*このあたりでまだ一日目の午後。よくある将棋。
*第2局と同じ進行。
△6六歩    ▲5八銀    △4六金
*第2局では2七金だったが金が働かなかったのでこう指した。
▲2八角    △2六角
*△7四歩とする順は羽生が棋聖戦で指している。
*羽生が自信がある手順と森内名人は判断したようだ。

▲4九飛    △2五銀    ▲6一飛    △3六金
*新手。△4六桂という重厚な狙い。
*研究会とかではあったらしい。実戦では初めて。

▲2四歩    △同 歩    ▲7三歩成  △4六桂    ▲2三歩    △同 玉
▲2一飛成
*封じ手。ここから二日目。
*すぐに指すとすぐに△2二金と指されてしまう。
*次の手を決めたくないので、あえてここで48分使って封じる。
*封じてのあたりはミスが出やすい。
*ここを無事に乗り切れるかどうかが勝負どころ。

△2二金    ▲5一龍
*決断手だが▲1一龍が最善だったか。
△3二金右  ▲6九銀    △7五歩
*ここからの森内名人の指し手が見事。
▲同 銀    △7六歩    ▲3三歩    △同金直    ▲6三と    △3八桂成
*この手に70分。寄せ合い。

▲5三と    △4九成桂  ▲5四と    △5九角成  ▲6八銀
*夕食休憩の手。
△6七歩成
*好手。後手優勢。

▲5九銀    △7七歩成  ▲9七玉    △9五歩    ▲9一角成  △7六飛
*正確な寄せ。

▲8六桂    △同 歩    ▲同 銀    △7五桂
*うっかり7八とを先にすると5五馬で逆転する。
▲8九香    △7八と左  ▲5五馬    △8五桂
*今度は桂馬と香車が両替できるので詰み。
▲投了

まで106手で後手の勝ち


*当たり前のことだが最期までギリギリの勝負だった。
*森内名人防衛。

第21期大山名人杯倉敷藤花戦本戦。山口恵梨子vs中村桃子

開始日時:2013/05/13
終了日時:2014/01/31 18:01:07
表題:第21期大山名人杯倉敷藤花戦本戦
棋戦:倉敷藤花戦
戦型:相振飛車
先手:山口恵梨子
後手:中村桃子

▲7六歩    △3四歩    ▲7五歩
*石田流。
△3五歩
*相振り飛車。気合の手。
▲7八飛    △3二飛    ▲5八金左  △5二金左  ▲4八玉    △6二玉
▲7六飛    △3四飛    ▲8六歩    △2四歩    ▲8五歩    △7二玉
▲8六飛    △8二玉    ▲3八玉    △7二銀    ▲2八玉    △2五歩
▲3八銀    △1四歩    ▲1六歩    △3三桂    ▲6八銀    △4二銀
▲5六歩    △5四歩    ▲5七銀    △4四歩    ▲5五歩    △同 歩
▲同 角    △4五歩    ▲7七桂    △4三銀    ▲5六銀    △3一角
▲6五銀    △6四歩    ▲7六銀    △3六歩    ▲同 歩    △同 飛
▲3七歩    △3四飛    ▲6六角    △5三角    ▲8四歩    △同 歩
▲同 飛    △8三歩    ▲8九飛    △2六歩
*危険。瞬間的に相手に持ち歩を増やすので仕掛けの手段が生じる。△5四銀や△6三金の方が良かった。

▲同 歩    △同 角    ▲7四歩    △同 歩    ▲8四歩    △同 歩
▲8三歩    △同 銀    ▲8五歩    △7二銀    ▲8四歩    △6二金上
▲2七歩    △5三角    ▲9六歩    △1五歩    ▲同 歩    △1八歩
▲同 香    △1七歩    ▲同 香    △5七歩    ▲同 金    △8六歩
▲4八金    △5四銀    ▲8五桂    △6五歩    ▲7七角    △3六歩
▲同 歩    △6四角    ▲3七銀    △2五桂
*△1六歩▲同香△3六飛とすべきだった。

▲5五歩    △3七桂成  ▲同 桂    △1六歩    ▲5四歩    △1七歩成
▲3八玉    △5五香    ▲5六桂    △同 香    ▲同 金    △3六飛
▲6五銀    △7五角
*△3五桂として角を取らせても踏み込むべきだった。
▲5五角
*この手を食らって形勢逆転。

△6四歩    ▲6六金    △3五桂    ▲2九香    △4六歩    ▲7五金
△同 歩    ▲6四角    △7一玉    ▲8二角打
*これがいい手。攻防の手。

△6一玉    ▲4六角
*これで安心。
△2七と    ▲同 香    △同桂成    ▲同 玉    △2六金    ▲3八玉
△4二香    ▲2七歩    △1七金    ▲2五銀    △3一飛    ▲3二歩
△同 飛    ▲3三歩    △同 飛    ▲2四角    △2三飛    ▲3五角
△3六歩    ▲1七角    △3七歩成  ▲同 金    △3五歩    ▲5三桂
△同金直    ▲同歩成    △同 飛    ▲5四歩    △3三飛    ▲5三金
△5二金    ▲3四歩    △1三飛    ▲3五角    △4五桂    ▲6二金打
△投了

まで153手で先手の勝ち


*山口恵梨子は普段は攻め100%の棋風だがしっかり受けて勝つ。

第22期銀河戦Bブロック5回戦。坂口悟vs伊藤真吾

開始日時:2014/01/30(木)
終了日時:2014/01/31 18:55:25
表題:第22期銀河戦Bブロック5回戦
棋戦:銀河戦
戦型:相振飛車
先手:坂口悟
後手:伊藤真吾

*記録。飯野愛。
*読み上げ。伊藤沙恵。
*聞き手。長沢千和子。
*解説。真田圭一。
▲5六歩    △3四歩    ▲5八飛    △3二飛    ▲7六歩    △4二銀
▲5五歩    △3五歩    ▲5六飛
*中飛車党の坂口。
△3四飛    ▲4八玉    △6二玉    ▲3八銀    △7二銀    ▲3九玉
△7一玉    ▲9六歩    △1四歩    ▲9五歩    △5二金左  ▲5八金左
△1五歩    ▲8六歩    △6四歩    ▲7五歩    △6三金    ▲8五歩
△8二玉    ▲2八玉    △3三銀
*現代的な銀出。

▲6八銀    △4四銀    ▲5七銀    △3三桂    ▲8六飛    △1三角
▲8四歩    △同 歩    ▲同 飛    △8三歩    ▲8六飛    △7四歩
▲同 歩    △同 金
*金が出て行く。相振り飛車の感覚の手。

▲7六飛    △6三銀    ▲7七桂    △7五歩    ▲2六飛    △2四歩
▲9六飛    △2五歩    ▲9七角    △3六歩    ▲同 飛
*大決戦となる。

△同 飛    ▲同 歩    △8九飛    ▲2一飛    △7二金    ▲1一飛成
△5七角成  ▲同 金    △9九飛成  ▲7三歩
*厳しい手。
△同 玉
*受けの勝負手だがハッキリ負け。

▲8一龍    △9七龍    ▲5一角    △6二香    ▲8五桂打  △同 金
▲同 桂    △8四玉    ▲8九香    △3七歩    ▲7二龍    △同 銀
▲6二角成  △7三桂    ▲同桂成    △8八銀    ▲9六金    △同 龍
▲8八香    △8七金    ▲8九香    △3八歩成  ▲同 金    △3九銀
▲1八玉    △投了
まで91手で先手の勝ち

*相振り飛車は組みあがった時点で優劣がついている場合が多い。
*本局も伊藤が不利と判断して飛車交換の決戦をしたが▲7三桂が厳しく寄せられてしまった。

個人的には長沢千和子を見ることが出来て感激した。