将棋舞玉58番

作品名:舞玉58番
コメント:斜め香並べ追い戻し趣向
作者:九代大橋宗桂(八世名人)
発表誌:象戯図式(将棋舞玉)
発表年:明和2年(1786)

大山康晴の四間飛車。玉頭位取り

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △3二銀
▲6八玉    △4二飛    ▲7八玉    △4三銀    ▲5六歩    △6二玉
▲9六歩    △9四歩    ▲5七銀    △7二銀    ▲6八銀上  △7一玉
▲7五歩
*玉頭位取りの第一歩。

△5二金左  ▲5八金右  △3五歩    ▲2五歩    △3三角    ▲7七銀
△3二飛    ▲1六歩    △4二角    ▲2六飛    △5四歩    ▲7六銀
*位の確保。

△3四飛    ▲6六歩    △3三桂    ▲6八金上  △6四歩    ▲6七金右
△1四歩    ▲7七角    △6三銀    ▲8八玉    △7四歩    ▲同 歩
△同 銀    ▲7五歩    △6三銀    ▲7八金    △7二金    ▲6五歩
△同 歩    ▲同 銀    △7三桂    ▲7六銀    △6四歩    ▲6八角
△5三角
*反撃体勢が整う。

▲4六歩    △2四歩    ▲同 歩    △2五歩    ▲2八飛    △2四飛
▲2七歩    △8一玉
*振り飛車有利。

居飛車側が逆に押さえ込まれている。
振り飛車側は玉を下段に下げて相手からの圧力を緩和している。
居飛車側も駒組みは参考になると思う。
振り飛車有利だが実践的にはまたまだこれからの将棋。