NHK2013年11月17日。大石直嗣vs行方尚史

スポンサーリンク




対局前のインタビューでダイレクト向い飛車を示唆していた。
実戦もそのとおりになった。

開始日時:2013/11/17
表題:第63回NHK杯2回戦第15局
棋戦:NHK杯
先手:大石直嗣
後手:行方尚史

▲7六歩    △8四歩    ▲1六歩    △3四歩    ▲1五歩    △8五歩
▲2二角成  △同 銀    ▲8八銀    △6二銀    ▲7七銀    △3三銀
▲8八飛
*ダイレクト向い飛車。

△4二玉    ▲4八玉    △3二玉    ▲3八玉    △6四歩    ▲2八玉
△6三銀    ▲3八銀    △5二金右  ▲8六歩    △同 歩    ▲同 銀
△7四銀    ▲7八金
*少し珍しい手。

△3五歩    ▲7七桂    △9四歩    ▲7五歩    △8五歩    ▲同 銀
△同 銀    ▲同 飛    △同 飛    ▲同 桂    △3六歩    ▲同 歩
△8九飛    ▲8二飛    △4八銀    ▲7九銀    △4九銀不成▲同 銀
△7一金    ▲8四飛成  △5五角    ▲3七銀    △9九角成
*後手優勢の局面。

▲3八銀    △9三桂
*信じられないようなポカと行方本人が局後に悔やんだ手。
▲8八歩
*形勢大逆転。

△同 馬    ▲同 銀    △7六香    ▲8七金    △7八香成  ▲7三桂成
△6九飛成  ▲4八銀    △6八成香  ▲4六歩    △5八成香  ▲3七銀左
△7八歩    ▲7四角    △7九歩成  ▲6三成桂  △同 金    ▲同角成
△7八と    ▲7三龍    △6一金    ▲8二龍    △5二桂    ▲9一龍
まで77手で先手の勝ち

どうも錯覚があったのかひどい見落としで勝負はあっさり終わってしまった。
早指しの将棋というものは難しい。

コメント