1五歩型。8二飛型

スポンサーリンク




こんどは激しく仕掛けてみる。

▲1六歩    △3四歩    ▲1五歩    △6四歩    ▲3八銀    △6三銀
▲3六歩    △8六歩    ▲同 歩    △同 飛    ▲8七歩    △8二飛
▲3七桂    △5四銀    ▲7六歩    △5二金    ▲6八玉    △4四歩
▲3五歩    △同 歩    ▲1四歩    △同 歩    ▲1三歩    △同 香
▲2五桂    △4三金右  ▲1三桂成  △同 角    ▲1四香    △2四角
▲1二香成  △3三桂    ▲2五歩    △1五角    ▲1六飛    △1四歩
▲1三成香  △3六歩


形勢は後手有利か?
昔の定跡書だ大抵の場合8二飛型は不利となっている。
だから先手も8四飛が前提となっている。
しかし、現在では8二飛車とか2八飛がむしろ主流だから一概に有利不利は難しい。
先手の場合のみ塚田スペシャルという仕掛けがあったが、そのうち現れなくなる。
将棋はそんなに簡単なものではない。

コメント