4三銀型vs急戦。3五歩の返し技

表題:三間飛車

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △4四歩    ▲4八銀    △3二飛
▲2五歩    △3三角    ▲5六歩    △4二銀    ▲6八玉    △6二玉
▲7八玉    △7二玉    ▲5八金右  △5二金左  ▲3六歩    △5四歩
▲4六歩    △4三銀    ▲6八銀    △8二玉    ▲3七桂    △7二銀
▲4五歩
*自然に見えて、やや危険。

△3五歩
*注目に値する手。三間飛車にしかできない手。

▲同 歩
*疑問手。

△4五歩    ▲3三角成  △同 飛    ▲2四歩    △3六歩    ▲2三歩成
△3五飛    ▲2五飛
*好手。

△同 飛
*プロ的には疑問手らしいが実践的にはこれでも十分。

▲同 桂    △2九飛    ▲3三と    △4四銀    ▲4一飛
*こうなればと金の活用が望める先手が優勢というがこれでも十分。
多くの定跡書にはこれて居飛車が優勢となっているがそうは思えない。

以下、返し技がある。

△3四銀

以下は▲3五飛   △同 銀となるが、こうなればはっきり振り飛車が有利。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA